ハグミー(MONO塾案内人)



テクノポリスの工業地帯にある小さな工房で誕生したハグミーは、
常に動き回る機械の一部として活躍してきました。

彼は、機械の一部として重要な役割を全うし、
機械がスムーズに動作するための部品の精密な設計と連携の重要性を身をもって知っていました。

ある日、ハグミーがいつものように工房で働いていると、
若い学生のグループが社会見学で訪れました。

新しいものに目を輝かせる彼らですが、複雑な機械の内部を理解するのに苦労している様子。

そんな中で一人の学生が設計図を見て戸惑っているのを見つけたハグミーは、彼のそばに寄り、分かりやすく説明を始めました。

ハグミーは、自身の説明が学生たちに理解され、その結果、彼らの表情が明るく変わるのを見て、深い喜びを感じました。

その後も一部の学生たちは工房を訪れてハグミーに質問をするようになりました。

ハグミーは学生の質問に答えたり、実際の機械を分解して説明したりしました。
学生たちはハグミーの情熱と知識に感銘を受け、ますます機械工学に興味を持つようになりました。

卒業後、学生たちはテクノポリスの先進企業にエンジニアとして採用されました。

彼らは、その企業の中で重要なプロジェクトに参画して、さまざまな機械を産み出せるようになりました。

ハグミーは、彼らが成長し、新しい機械や製品を次々と開発し、
ものづくりの分野で貢献していることを知って、誇りに思いました。

「自分の知識が彼らの成長に繋がるなんて、これ以上嬉しいことはない!」
その出来事に興奮したハグミーは、自分にできることを模索し始めます。

ハグミーは、この出来事をきっかけに大きな決断を下しました。

僕は機械の中で働くだけではなく、
自分の経験を活かして、設計者たちの未来を形作る教育プラットフォームを作るぞ!


そうして、ハグミーは工房を出発し、自分の知識を広める旅に出ました。
この旅はやがて「MONO塾」という形で、現実のものとなりました。

ハグミーは「MONO塾」で、設計者たちが効率的に学び成長できるよう尽力し、
多岐にわたる機械のメカニズムを教え、彼らの問題解決を支援しました。

彼の生きがいは、設計者たちが各自のプロジェクトで成功を収められるようサポートすることでした。

MONO塾の中心人物となったハグミーは、
教え子たちにとってインストラクターであり、メンターであり、友人でもありました。

彼が開発したさまざまな教材は、学習者に実際の機械の動きを体験させ、
理論を実践に結びつける手助けとなりました。

時が経つにつれて、「MONO塾」の評判は他の地域にも広がり、
日本中から学びたいと願う人々が集まるようになりました。

MONO塾で学んだことを会社で実践することで、さらによい循環を起こし続けました。

教え子たちが自ら技術を開発し、それを「MONO塾」で共有するようになったことは、ハグミーにとって最大の誇りです。

これからもハグミーは、日本のものづくりを応援するMONO塾の塾長として、
設計者たちが各自のプロジェクトで成功を収められるよう、尽力し続けることでしょう。